無性生殖や有性生殖などについて教育をした

真夜中に五輪を見ていました。柔道をやっていました。そして、学習をしました。生き物が重なる行為、つまり生殖は生き物の持つ最も重要な作用のひとつである。生殖はその方法により、無性生殖と有性生殖に仕切ることができます。無性生殖では、生き物のからだの内から目新しい個体が生じます。からだがおんなじがたいに分かれて、それぞれが独立した個体と至る分離、からだの内から芽の感じができ、それが成長して新個体と至る出芽、植物の根・茎・葉などから新個体が出る栄養生殖(栄養増加)があります。さし木などは、人工的な栄養生殖だ。これらの無性生殖の多くは、人体細胞分離を基本としてある。したがって大まか、新個体は親個体とおんなじ染色人体を受け継ぐので、おんなじ遺伝子を持つことになります。有性生殖では、からだの内が直新個体になるのではありません。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったなと思いました。キレイモ 全身脱毛