エドワード・ゴーリーの優雅な隠し立て展へ行ってきました

過日、伊丹市立博物館で開催された「エドワード・ゴーリーの優雅な機密展」へ行ってきました。我々がエドワード・ゴーリーを知ったのは学生の辺りで、お姉ちゃんに「ダークで可笑しい絵本があるよ」と言われたのが第一歩でした。
ゴーリーの力作はどれも暗くて目茶目茶なものがほとんどです。何ともない風貌をしてやつをいたぶるような描出が手広く、絵本といってもおとな向けだ。あんなゴーリーの力作ですが、独自は相当可愛らしいものが多いです。絵本の子どもたちは全員とぼけ顏で、不思議な架空の鳥獣も」満載登場します。殊に単にポピュラーなのが、「うろんな客席」の謎の鳥獣だ。これは品にもなっているのですが、あまり見かけない結果、館内の品サロンはやつであふれかえっていました。立場カードはほとんどの人が購入していました。トートバッグとマグカップ、セル挿図、iphoneケースも欲しかったのですが、プライスを見て棄権しました。ネットでもゴーリーの品はずいぶん見つからないので、購入しておけばよかったかなと、遅ればせの悔恨だ。アイフル 女性専用

オバマ大統領の広島集客評価についておもう訳

アメリカのオバマ大統領が伊勢志摩サミットで訪日した際に被爆点の広島を米大統領でいよいよ訪問することが決まったそうです。
米国内を含めて様々な評価があるとは思いますが、身は「核兵器なき背景」を訴えノーベル安泰賞を受けたオバマ大統領らしき英断です。
邦人の中には、原爆によって多くの重要が一瞬にして奪われた先に対するお詫びを突きつける考えの方もいるようですが、それでは今の昼、日光韓縁と同じようにぎくしゃくしたものになってしまうのではないかと危惧していらっしゃる。
戦後70カテゴリー限りがたち、被爆パーソンの高齢化がすすむ時、世界のリーダーでもある米大統領の広島往訪はさらに先行き意図で考えるべきです。
核兵器の実践がどれだけ悲惨な結実をもたらしたのか、その事実をオバマ大統領にその目できちんと見て貰う先自体が大いに大きな意味があるのではないでしょうか。
依然テロやコンペティションが絶えない中で、今回の広島往訪が多少なりとも平和な世界の発展に変わることを願います。ミュゼ 顔